(C)ATELIER KUSHINA 2018

『クシナ』パンフレットを3名様にプレゼント!

応募期間5月1日(金)〜7月30日(木)

誰も知らない山奥で見つけた、母娘の愛のはなし。

女だけが暮らす男子禁制の山奥の集落を舞台に、監督自身の過去の体験に根ざした母と娘の物語を描いた映画『クシナ』は、大阪アジアン映画祭2018でJAPAN CUTS Awardを受賞。北米最大の日本映画祭であるニューヨークのJAPAN CUTSに招待され、独特の感性と映像美によって支えられる世界観は海外レビューでも高い評価を獲得した。

本作は、映画やCMの演出や制作に加え、中川龍太郎監督の『四月の永い夢』では主人公の部屋のデザインとその装飾を担当するなど、独特のキャリアを築いてきた速水萌巴監督の長編デビュー作。本作では監督だけでなく、美術・衣装も担当し、美しい映像世界を構築した。

その瑞々しさで劇中の女性人類学者も魅了するヒロイン・奇稲<クシナ>には、撮影数日前に作品撮りの1枚の写真が奇跡的に監督の目に留まり、本作が映画デビューとなった郁美カデール。14歳の時にクシナを生んだ28歳の母・鹿宮<カグウ>には、ラストの表情で監督を泣かせた個性派女優・廣田朋菜。村長である、クシナの祖母・鬼熊<オニクマ>には、強さと母性の両方を兼ね備える小野みゆき。

『クシナ』特報

7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほかにてロードショー

本作の公開を記念して『クシナ』のパンフレットを3名様にプレゼントします!

TOP